薄毛の方のほとんどが、間違った育毛をしています。発毛に成功した人たちは、いったいどんなケアをしているのでしょうか?当サイトを参考にして、本気の育毛始めませんか?

育毛にNGな食事について

育毛には正しい食事をすることが大切で、育毛にNGな食べ物ばかりを食べていると薄毛が進行します。
育毛にNGな食事は、ラーメンや焼肉、唐揚げなどの脂っこい食事です。
これらの料理は多くの脂質を含んでいます。
そもそも脂質は、糖質やタンパク質と並んで三大栄養素として体の健康に不可欠な栄養素です。
しかし、脂質の過剰摂取は体に悪影響を与え、どんなにケアしても育毛の効果が発揮できなくあります。
脂っこい食事がNGである理由は次の通りです。
まず、脂っこいものを食べると毛穴に分泌される皮脂の量が増えます。
この段階で十分に皮脂を洗い落とせないと、抜け毛が増える原因になります。
また脂っこいものを食べ過ぎると胃や腸の働きが低下します。
胃や腸が正常に機能しないと、食べた物の消化に時間がかかってしまいます。
髪の毛に必要な栄養素であるタンパク質やビタミンの吸収が妨げられるので、髪の毛の成長が遅くなり、まだ成長するはずの毛が抜けやすくなります。
さらに血液中のコレステロールや中性脂肪が増加します。
これらは血管の壁を傷つけて、血行不良を起こさせます。
頭皮には多くの毛細血管が通っており、特に血行不良の影響を受けるとされています。
また、ケーキなどの甘いものも皮脂の分泌を増加させるといわれてます。
これらの悪影響は動物性の脂質によるものです。
脂質には2種類あり一つは牛や豚、鶏肉といった動物性の脂質である飽和脂肪酸です。
そしてもう一つが、イワシやサンマ、大豆などに多く含まれる植物性の脂質である不飽和脂肪酸です。
植物性の脂質は血行を改善したり、コレステロール値や中性脂肪を下げる働きがあるので、育毛のためにぜひ摂取したい栄養素です。